おくのじゅんやはピーチマスク拒否男!? 顔画像アリ!勤務先・職業やツイッター特定!?

先日より騒動にあるピーチでのマスク拒否男について。

テレビ番組の取材にも答え、志らくさんが首を傾げるような反応を刷ることもあり賛否両論となっていましたね。

そんな、マスク拒否男と呼ばれた男性がおくのじゅんやさんと言うことでツイッターも判明しました。

そこで今回は、ピーチマスク拒否男と呼ばれたおくのじゅんやさんのツイッターや顔画像、職業などについてご紹介させていただきます。

まあ世間の賛否両論の声もまとめます。

最後までお付き合いお願いします

ピーチマスク拒否男(おくのじゅんや)さんとピーチ(飛行機)でのトラブル!騒動の内容は?

ピーチマスク拒否男と呼ばれたおくのじゅんやさんとピーチ(飛行機)でのトラブルが世間を騒がせていますね。

まずは、そんな騒動の内容を見てみます。

釧路から関西へ向かっていた乗客が、機内でマスクをしなかったことをきっかけに、飛行機から降ろされるトラブルがありました。

10日、この乗客がリモート取材に応じました。  「今回のピーチ社の乗客退去という行動に関しましては、不当なものだというふうに思っておりまして…」(マスク着用を拒否した男性)   横顔を条件に取材に応じる30代の男性です。男性は、今月7日、釧路から関西空港行きのピーチ・アビエーションを利用しました。その際、客室乗務員からマスクの着用を求められましたが、健康上の理由で応じませんでした。

「私自身としては極めて正しい対応をしたと思っていますので、今回に関しましてはピーチさんに非があるということで、『お答えはノーです』とさせていただきました」(マスク着用を拒否した男性)  ピーチ機は、45分遅れで釧路空港を離陸。 飛行中、男性が「大声をあげた」、「客や客室乗務員に威嚇行為をした」、「客室乗務員の業務を妨げる行為を繰り返した」の3点を理由に、機長が航空法の安全阻害行為に当たると判断。新潟空港に臨時着陸して男性は降りるように求められ応じました。

「(やりとりの中で声を荒げたり、威圧行為ととられるような話し合いになったんですか?)それに関しては一切ありませんでした。明確にそれについては否定します。私、耳の聞こえがよくないものでして、声がふだんから大きくなってしまうことは多々あります」(マスク着用を拒否した男性)  マスクの着用をめぐる目的地の変更は初めてです。新型コロナウイルスの感染対策のため、航空各社は、乗客に、機内でのマスクの着用を強く求めていますが、義務ではなく要請にとどまります。

ここに対応の難しさがあります。  「私以外にもさまざまな健康上の理由や疾患を抱えている方はいらっしゃると思います。その時にマスクを着用しないのはなぜですかという風に詰問されて、自分の病状をカミングアウトしないといけない状況、そのような社会になってしまうことに関しましては非常によくないことだと思っています」(マスク着用を拒否した男性)

一方、ピーチは「今回の対応は安全阻害行為によるもの。マスクの運用に関しては、現状、変わることはない」と話しています。

引用元:Yahoo!

 

ピーチマスク拒否男(おくのじゅんや)さんとピーチ(飛行機)でのトラブル!騒動の経緯

騒動があったのは2020年9月7日のこと。

飛行機内でマスク着用の拒否をした乗客(おくのじゅんやさん)が

旅客機から降ろされるという事案が発生。

飛行機を途中で降ろされた乗客(おくのじゅんやさんねは30代男性で

「健康上の理由」によってマスクの着用を拒否したということでした。

しかし、飛行機会社によると

「男性(おくのじゅんやさん)が大声を上げた」と主張をしていて

双方の意見が対立している状況となっています。

乗客(おくのじゅんやさん)は安全阻害行為をしたということで途中の空港で降ろされることになったと

飛行機会社は主張しています。

飛行機から降ろされる前には、命令書が読み上げられ

そして臨時着陸後は飛行機会社が通報をしていたことから、警察官が駆けつけました。

そして、荷物をまとめて飛行機を降りる乗客(おくのじゅんさん)に向かって拍手が起こるという事態でした…。

安全阻害行為として声を大きく張り上げたなどと言われていますが、乗客(おくのじゅんやさん)は耳が聞こえないので声が大きくなることもあると主張し

真っ向から対立をしています。

このような騒動から世間からは賛否両論の声があがっているのです。

ピーチマスク拒否男(おくのじゅんや)さんとピーチ(飛行機)でのトラブル!騒動では賛否両論

 

 

ピーチマスク拒否男(おくのじゅんや)さんのっツイッターや顔画像!職業は?

今回、ピーチでマスクを拒否された男性はおくのじゅんやさんだと言われているようです。

上記にもあるように、テレビ番組やネットでは本人とされる素顔が回っています。

しかし、今回のトラブルでの男性の行動について批判をする声もあがっており

中には、事実無根のデマも出回っているのが事実です。

男性は、ツイッターでデマについては否定をしており

SNSの情報に紛らわしく左右されるのも私達です。

今回の情報は、報道からの画像を引用しておりますが

被害男性本人も事実無根のデマを流布させた人物には法的措置を示唆していることから

簡単に情報拡散をすることは危険かもしれません。

おくのじゅんや氏のツイッター確定!?「マスク未着用途中降機乗客」

またツイッターもこちらが本人という確証はありませんが

「マスク未着用途中降機乗客」としてツイッターが発見されました。

投稿には本人だということが記載されており、

たくさんのピーチでの出来事のツイートをされています。

関連記事
顔ばっちり! 警察に連行される動画も様子あり!
おくの(ピーチマスク拒否男!?)CAとの攻防動画アリ!言い訳ヤバい!!

ピーチマスク拒否男(おくのじゅんや)さんとピーチ(飛行機)でのトラブル!騒動の世間の反応

 

  • マスク云々よりも、客室乗務員に対しての威嚇行為が重大な問題でしょうが。
    機内での安全秩序を乱す行為は危険を生むからね。
    危険の排除は機長の責任。

  • お金を支払ってるとはいえ乗せてもらってるんだからソコのルールには従わないと。従えないなら自分で自転車でも車でも行けばいいやん。ルールを守れないなら利用しなければいいだけ。ルールを守れない人間には罰則で良いでしょ。迷惑だわ。

  • 健康上の理由でマスクが着用できない旨、チェックインの際に伝えて対応を協議するべき

    報道によればCAが座席変更の提案をしたにもかかわらず、それを拒否したとか。
    そこまでいくと、もうただのわがままでは?

  • 持病がありマスクが出来ないのは、その通りなのかもしれないが…それならピーチ側から席の移動を要請された時に即座に受け入れる事は出来なかったのかな?
    なんかこの人は自分に都合のいい事ばかり言っているとしか思えない。
    人からの「お願い」(要請)は一切聞き入れないが自分の要請は全て聞けと言っているわがままな人としか受け取れない。

  • 質問されて、病気が原因でできないならきちんと理解を得る努力は必要だろ?

    言わなくてもわかってよ

    って、スタンス?

    じゃあ、同じ機内、しかも隣とかにずっと咳出てるような人がマスク無しで乗っていたとしても、CAの質問に答えないその人の隣に座り続けるんだ

    ってか、良く顔出しするなぁと、思ったけど、話聞いてると「なるほど」だわ

    CAさんと同乗のお客さんにに100%同情します

  • 運航会社側がダメだと言ってるのだからダメなものはダメ。他の手段で行ってください。

  • いういう考えが所謂クレーマーになるんだと思いました。
    機内という限られた空間にもかかわらず自らが正で他人が感じる心配などは関係ない。権利は義務があって成り立つものだと思いますが、自らの権利だけを主張ではどうなんでしょうか?

  • 健康上の理由でマスクを付けられない?
    よく分からないな。

    ピーチの要請に応じれないなら、搭乗前に理由の説明と承諾を得るべきでないかな?
    他の乗客からしたら迷惑で不快この上ない。

    ピーチ側もマスク着用の義務を明文化しておいた方がトラブルにならないのでは?

  • いろいろ言いたいことがあるとは思いますけど…
    マスクを着用すれば済んだ事。
    複雑な心境とは思いますが…
    マスクを着用すれば全て済んだ事。
    男の意地とは思いますが、
    結果は乗機拒否でされましたよね。
    どれ程の方に賛同されたのでしょうか?
    拍手をされていた乗客の本心は「迷惑だわ」ですね。

  • 自分が正しいと思っていても、世の中の常識では間違っていたという事を今回の件でしっかり学んで今後に役立てることだね!
    飛行機や電車とかは他の乗客も居てるのだから、自分勝手な行動せずに、まわりが困惑していそうなら、配慮した行動をとるべき!

    本当に自分がいっさい間違っていないと言うのなら、顔出したら良いのに顔隠すのは批判されるのが分かっていたからでは?

 

まとめ

先日より騒動にあるピーチでのマスク拒否男について。

テレビ番組の取材にも答え、志らくさんが首を傾げるような反応を刷ることもあり賛否両論となっていましたね。

そんな、マスク拒否男と呼ばれた男性がおくのじゅんやさんの情報などについてご紹介させていただきます。

最後までお読み頂き有難う御座いました