見逃し動画|半沢直樹【1話~最終会】無料動画|ネタバレ感想もコチラ

半沢直樹2を見逃したり、もう一度みたい!と思う方必見!
無料で視聴できる方法をまとめてご紹介していますので、ぜひご覧ください!

この記事でわかること!
半沢直樹2の無料動画や視聴方法
各話のあらすじ。予告動画
\見逃し配信はこちら!2週間無料!/
半沢直樹を今すぐ視聴する

半沢直樹2を一気に見れるのはParaviだけ!

結論、半沢直樹はパラビの独占放送です!
Tverは放送終了後、1週間しか見ることができません。CMも入ります。
ParaviならCMなしで一気見できます!
動画配信サービス名 配信状況
Tver(ティーバー) 放送終了後にダイジェスト版を1週間のみ放送
paravi(パラビ) お試し期間は2週間無料で見放題!!
シーズン1、2、全話いっきに見れますよ!

半沢直樹 シーズン2 無料視聴 パラビ

半沢直樹2 他のVODとの比較!

FODプレミアム X
paravi 今すぐ視聴する!
(シーズン1、2が見放題!!)
u-next X
hulu X
Amazonプライム X
dTV X
アベマtv X


※紹介している作品は2020年9月の情報です。配信終了している場合もありますので、詳細は各VODサービスの公式サイトでご確認ください。

\今ならキャンペーン中!動画が無料で見れる/
半沢直樹を今すぐ視聴する

半沢直樹2が観れるParavi(パラビ)って何?

パラビ 無料 ドラマ
パラビとは、TBS、テレビ東京、wowow、日経新聞、博報堂、電通の6社が力を結集した動画最強コンテンツサービスのこと!パラビはドラマ(国内、韓流、海外)、バラエティー、スポーツ動画が見放題!

月額料金は?

1017円(税込)です。
約1,000円でものすっごい量のドラマが見放題です!

パラビでコンテンツを確認する

キャンペーン期間内であれば解約(退会)は無料?

はい、無料です。
ちょっとお試しで..ができるのが嬉しいですよね!

\見逃し配信はこちら!2週間無料!/
半沢直樹を今すぐ視聴する

Paraviのメリットは?

  • 500円チケットが毎月もらえるので、新作映画が無料でレンタルできる!

  • とにかくドラマがヤバすぎる充実度!懐かしのドラマもたくさん!
  • WOWOWのドラマが見放題!(通常WOWOWは2,500円以上の有料サービスです)
  • 韓流ドラマも充実!
  • バラエティ番組もたくさんあって見放題
  • パラビ独占放送が面白い!ここでしか見れないレア映像たくさん!

パラビ 独占

パラビのデメリットは?

  • 洋画はメジャー作品はそこまで本数が多くない。

パラビに入会歴・1年で思ったこと!

ドラマのコンテンツ量が多く、とても充実。また昔のドラマもたくさんあるので「懐かし~」とか「あ、あれもう一回みたいな!」という時も「いつでも見れる」ので暇な時間がなくなります(笑)。
月額制で安いですし、WOWOWのドラマも見れて大満足です。

\今ならキャンペーン中!動画が無料で見れる/
半沢直樹を今すぐ視聴する

Paraviの登録・解約・契約の現状確認の方法を解説!

クリックで開閉するよ!

パラビは無料期間中の解約に「解約料金」はかかりません!無料です。
\今ならキャンペーン中!動画が無料で見れる/
Paraviで今すぐ動画をみる!

パラビの入会方法

①PCだと、画面右上の「新規登録」をクリック! ●スマホは「無料体験はこちら」をタップ!

② ざっくりとプラン確認

③ ベーシックプランでOK

④ アカウント情報を入力

⑦ アンケートは任意なので、どちらでもOK

パラビの入会はこれでおわり!とっても簡単ですね!
お疲れ様でした^^

2週間経過すると、自動で有料に切り替えります。
「解約したい」「自分の現在の契約状態を確認したい(本当に解約できているか?)」についてもそれぞれの項目で説明しています。
ご参照ください。

\今ならキャンペーン中!動画が無料で見れる/
Paraviで今すぐ動画をみる!

スマホでもブラウザからログインしてください。
アプリでは解約できません。
Paraviにログインした後、画面右上の「▼」にある「アカウント情報」をクリック

「契約プランの確認・変更・解約」をクリック

「解約」をクリックすれば、解約(退会)完了です!

\今ならキャンペーン中!動画が無料で見れる/
Paraviで今すぐ動画をみる!

正しく解約できているかどうか確認するには、どうすれば良いですか?

●WEBサイト、Androidアプリ
解約すれば、直ちにParaviから登録したメールアドレスに「解約完了」メールが届きます。
「解約完了」メールが届いていれば、解約済みです。
「解約完了」メールが届かない場合は、以下の手順で確認してください。
(1) ParaviのWEBサイトにログインする

(2) 右上「▼」または「≡」から「アカウント情報」を選び「契約プランの確認・変更・解約」を押す

(3) 「現在契約中のプランはありません」という表記があれば、解約済みです

※iOSアプリの場合、WEBブラウザでログイン!

Paraviをテレビで楽しむ方法?FireTVデバイスを使おう

ParaviはFire TVで視聴できます。
Fire TVを使えばパラビを大画面で視聴できます!
<Amazon Fire TVとは>
Amazon Fire TVは、Wi-FiとHDMI端子のあるテレビにつなげるだけで、簡単にParaviで配信しているドラマ、テレビ番組や映画をテレビの大画面で楽しむことができるデバイスです。


その他、クロームキャストやアップルTVなども使用可能です。

\今ならキャンペーン中!動画が無料で見れる/
Paraviで今すぐ動画をみる!

半沢直樹2 各話の予告とあらすじ

クリックで開閉します!

半沢直樹 1話予告とあらすじ



東京中央銀行のバンカーとして活躍していた半沢直樹(堺雅人)。しかし、大和田常務(香川照之)の不正を暴き糾弾したことが原因となり、中野渡頭取(北大路欣也)から、子会社である東京セントラル証券へとまさかの出向を命じられてしまう。
こうして出向先の東京セントラル証券・営業企画部長となった半沢。扱う金融商品企画はどれも銀行時代とは比べものにならないほど小さなものだった…それに加えて、親会社の銀行からは不良案件を押し付けられる始末。さらに、銀行からの出向組に対するプロパー社員たちの不公平感は根強いものがあり、反骨心と確執が渦巻いていた。
一方、大和田は、敵対していたはずの中野渡頭取派に華麗に転身、保身のために組織を利用し新たな地位を築いていた。さらに、大和田の忠実な部下である証券営業部長・伊佐山泰二(市川猿之助)もまた、“半沢潰し”を目論んでいた。

そんなある日、東京セントラル証券に大型買収案件が舞い込む。プロパー社員・森山雅弘(賀来賢人)が担当する大手IT企業「電脳雑伎集団」が、瀬名洋介(尾上松也)率いるIT業界の雄「東京スパイラル」を買収したいと申し出て来たのだ。買収における株式取得にかかる費用はおよそ1500億円以上。東京セントラル証券にとって、かつてない規模の案件だった。
「銀行を見返せ!」と大規模買収に沸き立つセントラル証券だったが、突如電脳雑伎集団からアドバイザー契約を一方的に断ち切られてしまう—。そして、これが新たな銀行との戦いの始まりになるとは、この時の半沢は知る由もなかった——。
飛ばされた半沢は銀行に下剋上なるか!? 不屈のバンカー半沢の新たな戦いが今、始まる!

ツヅミ
★★★★
絶対に諦めないところが半沢直樹の良いところだと思いました。
ほとんどの人は愛する人を守るため、または自分の出世欲のために、正義を貫くことができないかもしれません。ですが、半沢は自分がどうなっても良いと言う捨て身の覚悟で臨んでいるのだと思います。
また、彼はそれが出来る人物なのでしょう。
箕部幹事長がネックになっていますが、果たして彼の不正の証拠を見つけ出し、今までの膿を出し切ることが出来るのかが最終回の最大の見どころだと思います。 
R13+★★★★★
思い切り「演技」という感じの演技と、やり過ぎ感のある効果音とのマッチ、それにあえてアイドル系の人たちを多用していないので、ホンモノのドラマを見ている気がします。
そして、恋愛模様は皆無にかかわらず、銀行がらみの陰謀を暴いていくストーリーが面白いし、このドラマの良さだと思います。
味方と思っていた人が敵だった、もしくは逆のパターンもあり、誰が半沢直樹の真の見方かを見つけるのもドラマを楽しむおすすめポイントです。
nokori5game
★★★★★
続き物のストーリーではありますが、各回ごとに何かしらの疑問や事件の一つは必ず解決するので、気持ちがスッキリとしますね。その一方で話のラストに新たな疑惑が生まれるので、また次の週も見たくなってしまうのです。この手法のにまんまとハマってしまいました。そして堺雅人さんをはじめとする、暑苦しいほどの熱量の高い演技に、圧倒されっぱなしです。
ジョン
★★★★★
これほどまでに毎回、名言が聞けるドラマというのは過去に観たことがないです。半沢が毎回、権力にあぐらをかいたり不正をしている人間達への言葉というのは胸に突き刺さってきます。そして前回の半沢直樹よりも仲間の助けというのが多いです。渡真利、森山達が自分達の立場も危うくなる可能性がある中で半沢に尽くすというのも観ていて熱くなる場面なんです。

半沢直樹 2話予告とあらすじ



東京中央銀行に大型買収案件を横取りされた半沢(堺雅人)は、部下の森山(賀来賢人)とともに銀行に逆襲を誓うが、依頼主である電脳雑伎集団・副社長の美幸(南野陽子)たちからは全く相手にされず追い返されてしまう。そこで、電脳の買収相手であるスパイラル社長の瀬名(尾上松也)に再度アプローチを試みるが…「銀行の子会社なんか信用できない」と拒絶され、八方塞がりに。


一方、半沢たちを裏切り銀行に戻った三木(角田晃広)だったが、希望していた営業ではなく、伊佐山(市川猿之助)や諸田(池田成志)から雑用ばかり言いつけられる不遇な毎日を過ごしていた。

瀬名は太洋証券の広重(山崎銀之丞)のアドバイスにより、新株発行でこの難局を乗り越えようとしていた。その新株の買取先・ホワイトナイト役に名乗りを上げたのは、なんと瀬名の憧れとも言うべきIT業界のカリスマ・フォックス社長の郷田(戸次重幸)であった。
しかし、そこには巨大銀行の新たな罠がしかけられていて…。

おやかた
★★★★★
前作で、活躍したキャラクターがパワーアップしているのに加え、今回新たに加わったキャラクターも負けず劣らず癖が強い。歌舞伎俳優や舞台俳優など幅広い配役が見事に、はまっています。下手したらコントスレスレで、絶妙な顔芸(笑)やアドリブの応酬に突っ込みを入れたくなる、ちょっとした緩さと、二転三転する緊迫した話の展開のバランスが絶妙で、目が離せません。
かばくん
★★★★★
半沢直樹2の面白さは巨悪を1銀行員が倒していく痛快さと、主人公らが繰り広げる戦略合戦です。サラリーマンなら誰しも納得いかない場面などを経験することが多いですが、半沢はそれで終わらず、自分がやられた仕打ちを何倍にもして返そうとします。また、常に半沢は正しい振る舞いをしているため、作中にどんどん味方を作るため、ついつい応援したくなってしまいます。
bere
★★★★★
このドラマの面白さは、まず、銀行員である半沢直樹が、借りる側、貸す側の不正に気づくと、相手が大物でも上司でも、立ち向かっていくことです。初めはうまくいかず、馬鹿にされたり怒鳴られたりします。でも、半沢は「倍返しだ」と言いたます。そして、多少強引なやり方もしますが、人を裏切らず誠実に真実を求め、証拠を固め、相手に突き付けるのです。それを見ていると、とてもすっきりします。
はむたろう
★★★★★
ストーリーもクライマックスに入り、大物政治家の巨大権力に対して半沢が立ち向かう姿がとても面白いドラマです。大物政治家役の柄本明さんがかなり凄みのある演技をされており、その迫力が凄いのですが、それ以上に半沢役の堺雅人さんが今回も熱演されており、第9話の最後に彼が放った言葉はとても熱い言葉で感動的でした。気持ちの良い大逆転を見ることができてストレス解消になるドラマとしておすすめです。
beri
★★★★★
主役の半沢直樹は、正義感が強く、とても魅力的ですが、それ以外の人もとても素敵です。同期の渡真利は、常に情報を伝えてくれます。渡真利がいなければ、相手に負けたことも多かったと思います。森山も、半沢を尊敬し、協力を惜しみません。黒崎は、意地悪な検査官ですが、正しいことを追求します。大和田は、最大の敵でしたが、時には味方になります。妻の花も明るく、半沢を癒します。特徴あるキャラが、わざとらしく見えないほど、演じている人が皆、素晴らしいと思います。
やす+★★★★★
明らかにシーズン1よりも展開の濃密度が高く展開のスピードも早くてあっという間に過ぎていく面白さがある内容でした。正直最終的な結末が全く読めないこととまさか最後の三人の中に頭取や大和田といった本来味方であるはずの銀行の人間が入ってくるとは想定していなかったので驚きのある流れに感じられました。総力戦での倍返しが今作では何度も決まっているシーンがあるので最終回もぜひいい流れをみんなで作り上げて納得のいくスカッとした結末を期待していきたいです。

電脳の買収相手であるスパイラルとのアドバイザー契約を正式に結び、親会社・東京中央銀行と全面戦争へと突入した半沢(堺雅人)。銀行の卑劣な買収計画からスパイラルを守ることには成功したが、依然ピンチであることに変わりはなかった。そこで半沢が次の手として瀬名(尾上松也)に提案したのは、なんと「逆買収」だった。
半沢直樹22 3話
だが、そんなある日、突然、セントラル証券に証券取引等監視委員会が立ち入り検査にやってくる。半沢の目の前に現れたのは、黒崎駿一(片岡愛之助)だった。黒崎が一体なぜ? 黒崎のターゲットはいったい何なのか? さらに、タイミング良く検査のことがニュースで報じられ、半沢は裏で伊佐山(市川猿之助)だけでなく、三笠副頭取(古田新太)が糸を引いているのではないかと推測する。
半沢直樹22 3話
一方、パソコンからゴミ箱の中まで徹底的に検査を進める黒崎は、ついにクラウド上の隠しファイルに迫ろうとしていた。もし、半沢たちが水面下で進めている逆買収の計画が見つかってしまうと、すべてが水の泡と化す。半沢から連絡を受けた瀬名は、すぐさま高坂(吉沢亮)に指示し、データを消去しようと試みるが…。
半沢直樹22 3話
果たして半沢はこの危機を乗り切ることが出来るのか?

やす
★★★★★
やはり役者それぞれの個性が今回の半沢直樹では際立っていて見応えがかなりある作品でした。シーズン1では敵対していた人達が今回は協力する側に回ってきているのでより決め手に裏付けのとれたかんぷなきまでの倍返しが決まっているようにいつも思えました。最後の結末もきっと大和田さんには何か考えがある方だと期待したいのでここからどんなひねり方をして展開させてくるのか、半沢直樹の退職願の意味は何なのか全てを明らかにスッキリした内容を最後期待したいです。
迅 面白さ★★★★★ 今回は意外なメンバーと共闘する場面が多くて前作と違う面白さがあります。前回の敵である大和田常務と共に行動したり、いわばライバルのような黒崎さんに頼ったりと意外な展開が良いなと思います。銀行の不正を暴くためにほぼ犯罪者スレスレですが、脅しをかける場面であったり、部下から信頼されて問題に取り組む場面はとても面白いなと感じます。なんだかんだ頭取も怪しい気もしますね
mmm
★★★★★
半沢直樹新の面白いところは、ズバリ顔芸にあると思います。出演者の皆さんの涙ボロボロの演技、眉間にシワ寄せまくりの演技、そして距離感がやたら近く顔を寄せあっての怒鳴りあいもあります。他のドラマに全く見られないこの演技こそが面白く、人気の秘密だと思います。もちろん、水戸黄門のような、悪役成敗ストーリーも、もちろん面白いです。
モモカリン
★★★★★
前作を超える規模の難題を突きつけられても、やり切る半沢直樹がカッコ良いです。権力に屈しない強さはさすがだし、倍返しする様はとても痛快で面白いです。また香川照之さんをはじめ歌舞伎俳優が数多く出演されており、張りのある演技でそれぞれがとても存在感があります。そして上戸彩さん演じる半沢花も、とても癒し系で、夫婦のやりとりシーンはとても好きです。来週が最終回となってしまうのが残念ですが、早く見たいです。
モズ
★★★★★
証券会社編(電脳のスパイラル買収編)と、「銀行VS政府編」の二つのシリーズが楽しめます。証券会社編は株における知識は少し必要ですが、「時間外取引」の事などドラマの中で説明してくれるので素人でも楽しめます。そして堺雅人さん勿論の事、黒崎役の愛之助さんを始めとする歌舞伎役者さんたちの見栄を切るような演技も楽しめるので、シーズン1を見ていない方にもおすすめです。

半沢(堺雅人)たちの作戦によって、フォックスの逆買収に成功したスパイラル。だが、このままでは面子がつぶれてしまう東京中央銀行は、三笠副頭取(古田新太)の後押しによって、スパイラル株を買収するために電脳への500億円もの追加融資を強引に進めようとしていた。

卑怯にも、強大な資金力にモノを言わせ強引に決着をつけようとする銀行に、もはや絶体絶命の半沢。そんな中、半沢は電脳の収益に不透明な部分があることに気づく。財務担当の玉置(今井朋彦)に接触を図るが、彼は口封じのために電脳を追われてしまう。玉置はいったいどこに消えたのか?

予断を許さない状況が続く中、渡真利(及川光博)から、まもなく半沢の出向先が正式決定する、という知らせが入る。動揺する森山(賀来賢人)に「人事が怖くてサラリーマンが務まるか」と力強く語る半沢だが、このままでは万事休すとなることは確実だ。これ以上、打つ手はあるのか。

ついに覚悟を決めた半沢は最後の望みをかけてある人物に会いに行く。


銀行、電脳、半沢、最後に勝つのは一体誰か!?
すべての真相がまもなく明かされようとしていた。

korasa
★★★★★
半沢直樹の1番の面白さは私的にブラックな取引きをしている政治家や金融機関の悪い奴らを半沢がその人たちのせいで罪を被せられたり困っている子会社や、取引先の人たちの手助けをするのてわすがそのやり口がまたグレーなとこです。
上司を陥れたり、尾行したり、時には信頼できる部下や上司を使って機密情報を入手したり、、。そして有無も言わせない証拠を突きつけて土下座をさす。こんな銀行員リアルでいたらやばいですw
また悪役キャストがまたとてつもなく嫌なやつで、半沢がギャフンと言わせるたびに、こちらもスッキリするような中毒性があります。
がばっと
★★★★★
半沢直樹で好きなところは毎回悪いやつらの悪を突き止めてあらゆる手を使って半沢が解決するところです。上司の悪事を見つけるために裏を取ろうとする半沢に気づき上司たちが迫ります。間一髪なところで危機回避する所などはミッションインポッシブルを見ている時のようなドキドキハラハラ感があり銀行や、金融の事を知らなくても楽しめるドラマです。あと半沢直樹に出てくる方々の個性や、台詞の癖が強くて一度聴くと耳に残るし、忘れません。
メーるちゃん
★★★★★
1から毎週かかさず見ています。
1も大変面白かったですが、2もまた新しい見方が増え、毎週驚かされます。
まず歌舞伎役者の方の演技がとても秀逸。顔芸はもちろん、声の出し方、セリフの言い回しやら、アドリブやら。
前回は大和田常務という明確な敵がいましたが、今回は誰が黒幕で誰が裏切り者かなど、半沢直樹がどう暴いていくかも面白い。絶対に見逃せない内容になっています。

IT企業・スパイラルの買収劇をめぐり、電脳雑伎集団の粉飾を突き止めた半沢直樹(堺雅人)は、東京中央銀行を救った立役者として本店への復帰を果たした。だが復帰早々、中野渡頭取(北大路欣也)から直々に破綻寸前の帝国航空の再建を任される。
半沢直樹2 5話 見逃し動画 無料 フル

帝国航空は日本の空輸を担い、まさに国を代表する大企業だが、近年の経営状態は決して芳しくない。しかし、労働組合やOBの力が強いため大胆な改革もままならず、もはや身動きが取れなくなっていた。

半沢直樹2 5話 見逃し動画 無料 フル

そんな矢先、新たに国土交通大臣に就任した白井亜希子(江口のりこ)が会見で帝国航空の大胆な改革を華々しく提案する。彼女によれば、弁護士の乃原正太(筒井道隆)をリーダーとした直属の再建チーム「帝国航空再生タスクフォース」を立ち上げ、帝国航空に債権を保有しているそれぞれの銀行に、一律7割の債権放棄を検討しているという。

半沢直樹2 5話 見逃し動画 無料 フル
もしこのプランが実現すれば、東京中央銀行はおよそ500億円もの債権を手放さなければならなくなってしまう。半沢は何としても帝国航空を自力再建させるため、帝国航空へと乗り込むが、そこには一筋縄ではいかない巨大な壁が待ち受けていた…。

わお
★★★★★
半沢直樹は顔のアップだけでもおもしろいのですが、銀行という舞台がいままでスポットライトがあたらなかったのでいいんじゃないかなと思いますし、リアリティーもあります。銀行というものは長いことの歴史や、人間関係がすさまじいものがあり、その中で銀行の内部での役員席への争いがあります。頭取と役員と政治家の三つ巴の中でいろいろな敵がいるのではないかと思います。常務が、裏切るのかと思いきや、もしかしたら黒幕は別の人かや、頭取の存在もどうなっていくのか気にしてはいます。頭取のリーダーシップというのがいまいち発揮されていないのではないかというところもあるのですが、裏切り裏切られていく劇場型のエンターテインメントなので、一話ごとに見方が変わりますのでおすすめです。
ありんこ
★★★★★
半沢直樹シリーズは良く話が作られていて、出演者の演技も一流であっという間の1時間半でこちらまで見入ってします。半沢と大和田の絡みや、黒崎との絡みがとても名言やギャグ満載で楽しいです。特に黒崎は前作よりも半沢に対する愛みたいなものが感じられます。悪役も今回もなかなかやり手ばかりなので半沢がぶったぎってくれるシーンはなかなかの見どころです。
けんちゃん★★★★★です。前回もかなり好きなドラマだったのでパート2も期待しながら観ていました。今回の作品の方が出演者も豪華でしたし本当に、力を入れてる作品だと感じました。演者ストーリーどれをとっても最高の出来栄えだったと思います。やっぱり半沢直樹の迫力ある演技が前回以上に、迫力がありました。あと香川照之さんとのやり取りも前回では、敵意識でしか無かったと思いますが今回では、どうみても気の合う関係にしか見えない感じがとてめ好きでした。今後ともこういうドラマを沢山作ってもらいたいでし。


帝国航空を立て直し、何としても政府の要求する500億の債権放棄を拒否したい半沢(堺雅人)。自らの目で、現場で働く人々を見て何とか再建案を作り上げた半沢たち。
しかし、政府直属の再建検討チーム「帝国航空タスクフォース」のリーダー・乃原正太(筒井道隆)は、そんな半沢たちの努力をあざ笑うかのように、再建案を白紙に戻すと容赦なく告げる。その強引かつ高圧的な態度に半沢は反発し宣戦布告。両者は激しく衝突する。

一方、半沢の作成した再建案は帝国航空内でも暗礁に乗り上げていた。赤字路線の廃止、徹底的な経費削減、そして約1万人もの余剰人員の整理など、どれも大きな痛みを伴うことは必至であり、中でも整備士ら専門職は異業種への転職を断固拒否。彼らへの対応に日々追われる財務部長・山久登(石黒賢)はすっかり疲弊していた。
そんな中、乃原から政府に楯突く半沢の態度を聞いた国土交通大臣・白井亜希子(江口のりこ)は、なんと大臣自ら銀行に乗り込んでくる。この異例の事態に紀本(段田安則)も大和田(香川照之)も、そして中野渡頭取(北大路欣也)までもが、政府の脅威を実感するのだった。


そして、銀行には再びあの男の姿が。黒崎駿一(片岡愛之助)である。急遽始まったヒアリングで、帝国航空を巡るある重大な過失が発見されて—

ちょんね
★★★★★
半沢直樹を見始めたのはシーズン2からです。ですがとても面白かったです。毎回ドキドキするのとどうなるの?の展開が最高です。大声大会みたいになってる時もありますがそこも面白いです。そして私は毎回全日本企業に?半沢直樹から学んで欲しいことがあります。自分の仕事にプライドを持って行うことが大切です。半沢直樹を見ているとそう思います。悪時は必ず暴かれるし人間としても終わります。面白く学べるドラマです。
ゆきぼうず
★★★★★
とにかく出ている役者さんの演技がすごいと思います。もちろん原作の小説のストーリーが現実社会を良く観察して作られている面白さもありますが、それを大袈裟とも思える演技でみんさんが熱意を持ちぶつかっているのが視聴者に伝わるドラマです。毎回毎回、ドラマの続きがまたみたくなる展開、登場人物の人間関係に引き込まれました。ここ最近見た中で一番面白いドラマです。
mei
★★★★★
半沢の不正に屈しない毅然とした態度、そして悪に啖呵を切る様に毎回スカッと気持ちが晴れます。ものすごいピンチに陥入りドキドキハラハラするのですが、必ず味方?があらわれてギリギリでピンチを脱することができるので、その度「よしっ」と思わずガッツポーズをとってしまいます。ご縁ご恩を大切に人を大切にしてきたことで、心から信頼できる仲間が増えていく様子にも、理不尽なことが多い社会人にとって救いになり勇気が湧いてきます。まさに現代の時代劇!安心して見ていられます。脇を固める役者の不自然すぎるほど濃い?演技も、勧善懲悪のこの作品の良さを際立たせているように感じます。毎回、来週が待ち遠しく、半沢直樹があるから1週間頑張れると言った感じです。それにしても「3人まとめて?」の3人がこの人物だったとは、まさか!という感じで、毎回予想外の展開が起こるので、目が離せません。



帝国航空の立て直しを進める半沢(堺雅人)。しかし、余剰人員の受け入れ先として東京セントラル証券の森山(賀来賢人)と共に計画を進めていたスカイホープ航空の新規路線の認可が突然、却下されてしまう。
金融庁から業務改善命令が発出され、金融庁長官に頭を下げる中野渡頭取(北大路欣也)の姿が一斉に報道されたことにより、東京中央銀行に対する世間の風当たりは益々厳しいものとなっていた。

これらの出来事を裏で動かしていたのは、国土交通大臣の白井亜希子(江口のりこ)だった。本気を出した政府の容赦ない圧力に追いつめられていく半沢。だが、それにしてはタイミングが良すぎる。政府に行内の情報を流している裏切り者は、紀本(段田安則)なのかそれとも大和田(香川照之)なのか…。

そして、債権放棄への回答期限である「タスクフォース合同報告会」の日が刻々と迫る中、半沢は、最後の望みをかけて、開発投資銀行の谷川(西田尚美)の元を訪れる。
果たして半沢は裏切り者を見つけ出し、倍返しへの糸口をつかむことが出来るのか!?

湊海
★★★★★
半沢が、自分ではまだ若いつもりなのに、周りからおじさんと言われてしまうところに、7年間の時の流れを感じます。誰にでもすぐ「倍返しだ!」と楯突いていた血気盛んな勢いがなくなり、一度言葉を呑み込むことを覚えたせいかもしれません。ですが、悪事を見逃さず、ビシッと決めるところは、やはりこれぞ半沢直樹!という爽快感があります。そして、一番のポイントは、父親の仇という立ち位置だった大和田との関係性が微妙に変わったところです。彼のキャラにもより深みが出て、日々新たな発見があるところも興味深いです。
mab
★★★★★
毎週日曜の最高の楽しみです。ストーリーは勧善懲悪の明快な話で毎回スッキリさせてもらっています。また、話の展開が早く、間延びするような場面が全くないのもいいです。冒頭から主題歌なしでいきなりドラマが始まるのも素晴らしい構成だと思います。緊張感に満ちたBGMに乗って前回のあらすじが語られ、その流れで冒頭からシビアな場面が始まります。最初から最後まで熱々のラーメンを食べているみたいで休む間もありませんが、それだけに毎回あっという間に話が終わり見終わったあと不思議と疲れがありません。まさに快作です!


「タスクフォース合同報告会」で、開発投資銀行と共に債権放棄を断固拒否した半沢(堺雅人)は、花(上戸彩)から智美(井川遥)が元銀行員で、かつて中野渡頭取(北大路欣也)の部下だった過去を聞く。

一方、大和田(香川照之)は「銀行員生命をかける」とまで言った債権放棄の受け入れの提案に失敗した紀本常務(段田安則)をここぞとばかりに追い落としにかかるが、逆に先の合同報告会が原因で中野渡頭取に参考人招致の噂があると突きつけられてしまう。政界のドン・箕部幹事長(柄本明)がついに牙をむいたのだった。紀本は政府とつながり一体何を企んでいるのか?


そんな中、帝国航空の山久(石黒賢)からタスクフォースの再建草案を見せられた半沢は、赤字路線の羽田・伊勢志摩路線が撤退リストから外されていることに気づく。伊勢志摩は、ほかならぬ箕部の選挙地盤であり、建設に尽力した彼の功績を讃え、地元では「箕部空港」とも呼ばれていた。
すべてのカギを握っているのは箕部だと確信した半沢は、あらゆる手段で手がかりを探す。 そんな中、黒崎(片岡愛之助)もまた箕部を追っていると知って…。
こうして半沢は、東京中央銀行が抱えるとてつもない“闇”の扉を開くことになるのだった…。

サイゼリヤ好き!
★★★★★
黒崎さんの最後のあなた大ッキライだけどあなたしかいないのよ。が感動しました。リアルで見ても感動しました。黒崎さんは手に回すと容赦ないけど味方に付くと心強いキャラクターだと思います。
半沢直樹2の前半で黒崎さんの部下と瀬名さん部下のパソコンを使って暗号解読が凄いと思いました。パソコンを勉強していた人間からすればあのシーン外せません。先に暗号を解き機密情報を防ぎきってホットしたました。近年で無くても他社に情報漏洩をするのは禁止なので如何にシステム管理が大事だと分かりました。
ニックネーム:ひまい
面白さ:★★★★
感想:
初回シリーズに引き続き、不正に立ち向かう半沢の仕事に対する姿勢は変わらずです。また、半沢の探偵ばりの調査能力!それをフォローする豊富な人脈!職場にガザ入れが入って『バレちゃうよーー!!』のハラハラドキドキもおきまりの流れです。今シリーズの見所は、半沢の立ち向かう相手が銀行内やその取引先とは比較にならない、巨大かつ強靭な権力を持っている組織だということ。それでも不正は許さない。『倍返しだ!』が炸裂。半沢が困難にどう立ち向かって行くところが、前回シリーズに増して面白いです。


半沢(堺雅人)は、合併前の旧東京第一銀行が箕部幹事長(柄本明)に貸し出した20億円もの融資の実態を探ろうとするが、亡くなった牧野元副頭取(山本亨)が不正な金を受け取っていた証拠を突きつけられ、手を引くことを余儀なくされる。

同じように箕部を追っていた金融庁の黒崎(片岡愛之助)にも箕部の魔の手が伸び、再び国税庁に異動させられてしまう。黒崎が最後に残した「伊勢志摩ステート」というヒントを手がかりに、半沢は伊勢志摩へと飛ぶ。空港で彼を待っていた人物とは…。
伊勢志摩支店の同期の協力を仰ぎ、伊勢志摩ステートの15年前の財務資料を徹底的に調べる半沢。

さらに、思わぬの人物の姿を目撃するのだった。
半沢の疑惑は確信へと変わっていき…。

半沢は伊勢志摩ステートに隠された秘密を暴き出し、倍返しすることはできるのか…!?

ツバミ
★★★★
中野渡頭取までもがグルになっていたのには半沢も驚きだったことでしょう。
そのことで半沢は巨大な相手と戦わなければならなくなりました。
黒崎も半沢に期待をしています。

箕部が一番問題があるように思えますが、半沢はその不正をどう暴いていくのかが次回の見どころだと思います。
最終回なので大一番の白熱した場面を見せてくれるのではないかと期待しています。
勧善懲悪の展開でスッキリしたいです。

「やはり、頭取がこのドラマの肝となる」
とにもかくにも、楽しかったです!箕部に、ただただイラつきました。また、頭取や大和田に対してもしかりでした。ただ、黒崎だったり、今まで半沢直樹の反対派というか敵が、この回では味方になっていて、それもまた面白かったです!
頭取は、箕部と手を組んだといっても、なんとなく一時的に手を組んでいるだけではないのかと思えてしまいます。頭取が箕部と手を組むことで、自殺してしまった方の無念を晴らすのではないかと考えています。考えているというより、そうであって欲しいというものでもあります…。第1シリーズで頭取は、バンカーとしては優秀だが、銀行のトップとしてはある意味で反逆者的な立ち位置である半沢直樹を出向させた人間です。銀行を守るためには、冷静かつ懸命な判断をする人間でないと、頭取にはなれないのでしょう。だからこそ、頭取や箕部、大和田を貶めてほしいとも思っています。大和田に指示を出していたのは、最初の方からではないかと考えています。いつからというのは検討がつきませんが、9話の話が始まってから大和田に指示を出していたのだとしたら、大和田はいつも頭取頭取と言っているのが、なんでだか不自然な気がします。それがサラリーマンとして姿ではあったとしても、そちらの方がなんとなく自然な気がします。ただ、どんな予想をしていたとしても、それが当たらないであってほしいとも願っています!

おばちゃん
★★★★★
ストーリーがテンポよく進んでいくのも大きな魅力ですが、おすすめポイントは・・・何といっても台詞の「かけあい」と「顔芸」でしょう!
一度ご覧になれば虜になること間違いなし!
もはや子供もビックリのプチ喧嘩シーンのやり取り+表情は何度見ても面白い。それをいつの間にか期待してしまっている自分がいます。
嫌味の言い合いになるところも最高!現実ではなかなか、あのようには言えませんから(笑)
10話(最終回)の予告

10話(最終回)のあらすじ

伊勢志摩ステートから箕部幹事長(柄本明)への金の流れが記された決定的証拠は、大和田(香川照之)と中野渡頭取(北大路欣也)によって箕部の手に渡ってしまった。怒りに燃えた半沢(堺雅人)は3人に対して1000倍返しを誓うも、帝国航空再建プロジェクトから外されてしまう。
写真
頭取に裏切られ、バンカーとしての熱意を失いかけていた半沢だったが、森山(賀来賢人)と瀬名(尾上松也)に背中を押され、もう一度立ち上がることを決意する。そして渡真利(及川光博)と共に紀本常務(段田安則)の居場所を突き止めた半沢はある衝撃の事実に行き着くのだった・・・。

しかし、中野渡頭取が債権放棄を認める会見の日は目前に迫っていたーー。

はたして半沢はタイムリミットまでに箕部の不正を暴く決定的証拠を見つけ出し、バンカーの誇りと正義、そして銀行の未来をかけた全身全霊の倍返しを叩きつけることが出来るのか!?

半沢直樹2の再放送の予定は?

再放送 ドラマ
半沢直樹2の再放送の予定ですが、現時点では詳細はわからないです!
番組放送終了後1週間はパラビやTverで「ダイジェスト版のみ」視聴可能です。

しかしパラビでは1話から最終回まで、一気に何度も見放題です!
→シーズン1も2も「お試し期間」なら2週間無料で見放題です。

再放送はいつ決定になるかわからないだけでなく、やらない可能性も高いですよね。
しかしparaviなら見逃しても後からちゃんとみれます。
Tverだと1週間でみれなくなってしまいますが、パラビならそんなこと気にせずに見放題です。
キャンペーン期間内であれば、入会も解約も無料です!一切お金をかからずに見ることができます。

シーズン1も2も2週間無料で見放題はすごいですね!
シーズン2も今季、最高視聴率のドラマ!
\見逃し配信はこちら!2週間無料!/
半沢直樹を今すぐ視聴する

半沢直樹2 をTverで視聴するデメリット


  • 放送終了後から1週間しかみれない。
  • 30~60秒のCMが結構ながれて、しかもスキップができません。
  • 一気見ができない!(これがつらい)
Tverは無料なので一見重宝するのですが、半沢直樹は「ダイジェスト版」のみを1週間放送。それ以降はもう見れません。
しかしVODサービスなら、いつでもどこでも「繰り返し」「一気に最後まで」などの視聴が可能です。
\見逃し配信はこちら!2週間無料!/
半沢直樹を今すぐ視聴する

まとめ

パラビのドラマって驚くほどのコンテンツ量!私も入会して1年以上たちますが、当然全部見れていません(笑)。どんどん新作も更新されるし
全然追いつかない!
見逃しても安心だし、CMなしで話題のドラマも一気に見れるしでめっちゃ重宝しています。
気に入らなければ退会(期間内無料)すればいいだけなので、一度お試し気分で入ってみるとドハマりしますよ♪

\今ならキャンペーン中!動画が無料で見れる/
半沢直樹を今すぐ視聴する