川崎蓮の顔画像やフェイスブック!共犯者の名前は?宮城強盗

仙台市宮城野区新田の路上で強盗をしたとして20歳の川崎蓮容疑者が逮捕をされました。

そんな川崎蓮容疑者の顔画像やフェイスブックは明らかとなっているのでしょうか?

共犯者の名前も気になりますよね。

そんな宮城県で起こった強盗事件についてご紹介させていただきます。

最後までお付き合いお願いします

川崎蓮の起こした事件の概要

川崎蓮の起こした事件の概要についてご紹介させていただきます。

宮城県警仙台東署は21日、大阪府池田市石橋、会社員川崎蓮(れん)太容疑者(20)を強盗致傷容疑で逮捕したと発表した。

容疑を否認しているという。発表によると、川崎容疑者は4日夜、仙台市宮城野区新田の路上で男性(22)のショルダーバッグをひったくり、

追いかけてきた男性にスタンガンで暴行し、顔などに軽いけがを負わせた疑い。

同署は川崎容疑者と共謀したとされる職業不詳の少年(19)を同容疑で5日に緊急逮捕していた。

実行犯は少なくとも3人とみられ、同署が捜査を進めている。

引用元:nifty

川崎蓮の起こした事件の経緯や犯行動機

川崎蓮の起こした事件の経緯

仙台市宮城野区新田の路上で強盗をしたとして20歳の川崎蓮容疑者が逮捕をされました。

川崎蓮容疑者は2020年9月4日夜に仙台市宮城野区新田の路上で22歳の男性のショルダーバッグをひったくりました。

そして、おいいかけてきた男性にスタンガンで暴行し、顔などに軽いけがを負わせた疑いが持たれています。

川崎蓮の起こした事件の犯行動機

川崎蓮容疑者はどうしてこのような事件を起こしてしまったのでしょうか?

川崎蓮容疑者は容疑については否認をしているということで犯行動機も明らかとなっていません。

本来ならば護身用のスタンガンが強盗事件の犯人によぅて使われてしまうという恐ろしい事件です。

犯行動機についてはまた情報が入り次第更新したいと思います。

川崎蓮の起こした事件の共犯者は?なぜ宮城県で?

川崎蓮の起こした事件の共犯者は?

20歳の川崎蓮容疑者には、今回共犯者がいることがわかっています。

共犯者の情報についてですが報道によると

少なくとも3人でしたということですから、川崎蓮容疑者の他に2人の犯人はいるということになります。

その犯人についてですが、一人は

19歳の職業不詳で緊急逮捕をされています。

他の共犯者についての情報はなく、名前も未成年であることから

少年と報道をされていました。

もしかするとSNSなどで特定をされるかもしれません。

また情報が入り次第更新したいと思います。

川崎蓮はなぜ宮城県で事件を起こした?

今回事件を起こした川崎蓮容疑者は大阪府池田市石橋に住まいがあることが判明しています。

事件があったのは仙台市宮城野区新田です。

かなり距離が離れています…。

どうしてここまで離れたところで事件を起こしたのでしょうか?

考えられることとしては

  • 逃亡するために遠方へきた
  • 会社の出張でいた
  • GoToキャンペーンだったから

などという理由が考えられます…

わざわざ遠くで強盗をする意味がわかりませんね。

川崎蓮の顔画像やSNS!プロフィール

川崎蓮のプロフィール

名前:川崎蓮

年齢:20

住所:大阪府池田市石橋

職業:会社員

逮捕理由:強盗致傷

川崎蓮の顔画像

顔画像については現在メディアなどで公開はされていませんでした。

今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

川崎蓮のSNS

爆サイ、2ch、5ch、ツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどでも特定はできず、今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

川崎蓮の起こした事件の世間の反応

  • ここまでリスクを負って強盗しても得られるリターンが少なすぎるだろ。金が欲しけりゃ働け。

  • スタンガンまで用意しているとは……いく先々で路上強盗をしているのか?

  • 本来 暴漢を撃退する為のスタンガンなのにね…
    強盗が使う方のイメージが強くなっちゃったな。

  • こいつらは知らんけどコロナで職を失った人が犯罪に走るケースはどんどん増えるだろう。治安は悪くなるのは避けられない

  • 仙台って人間性がまともな人が多いから、ちょっとした仕草、歩き方だけでも変な人は目立つ思う。しかし仙台市内の中でも街のほうじゃなく少し不便そうな地域にいたのも謎(笑)

  • 大阪の会社員が仙台で強盗?
    Gotoキャンペーンで仙台まで行ったのかな?

  • 犯人は、余罪があると思う。

まとめ

仙台市宮城野区新田の路上で強盗をしたとして20歳の川崎蓮容疑者が逮捕をされました。

そんな川崎蓮容疑者の情報についてご紹介させていただきました。

最後までお読み頂き有難う御座いました