松本琢久の顔画像やフェイスブック!事故原因は飲酒運転?菅原誠さん死亡

2020年9月6日に千葉市の路上でひき逃げ事故があり、後に被害者の菅原誠さんが死亡をしました。

そして、ひき逃げをした松本琢久容疑者が逮捕をされましたが顔画像やフェイスブックは明らかとなっているのでしょうか?

事故の原因なども含めてご紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします

松本琢久の起こした事故の概要

松本琢久の起こした事故の概要についてご紹介させていただきます。

6日、千葉市の路上で45歳の男性がひき逃げされて死亡した事件で、飲酒運転をしていた47歳の男が逮捕されました。

6日午前2時40分過ぎ、千葉市花見川区の路上で「車で歩行者をひいてしまった」と軽ワゴン車の運転手から通報がありました。

消防などが駆けつけたところ、千葉県佐倉市の菅原誠さん(45)が、全身を強く打ち頭から血が出ている状態で病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。

警察は自称・電気工事業の松本琢久容疑者(47)を酒を飲んだ状態で軽ワゴン車を運転し、菅原さんを助けずに逃走したとして、危険運転致死などの疑いで逮捕しました。調べに対し、松本容疑者は「車の左ライトが割れているので事故を起こしたと思い、現場に戻った」「酒を飲んで歩行者に気づくのが遅れた。ガードレールに衝突したと思った」と容疑を一部否認しています。(06日22:55)

引用元:nifty

松本琢久の起こした事故の経緯や犯行動機

松本琢久の起こした事故の経緯

2020年9月6日に千葉市の路上でひき逃げ事故があり、後に被害者の菅原誠さんが死亡をしました。

事故があったのは2020年9月6日午前2時40分すぎのこと。

事故の現場となったのは、千葉市花見川区の路上です。

そして、

「車で歩行者をひいてしまった」と軽ワゴン車の運転手から通報があり逮捕に至りました。

松本琢久の起こした事故の犯行動機

松本琢久容疑者はどうしてこのような事故を起こしてしまったのでしょうか?

調べに対し、松本琢久容疑者は

「車の左ライトが割れているので事故を起こしたと思い、現場に戻った」

「酒を飲んで歩行者に気づくのが遅れた。ガードレールに衝突したと思った」と容疑を一部否認しているということで

原因は飲酒運転にあるようです。

また情報が入り次第更新をしたいと思います。

松本琢久の顔画像やSNS!プロフィール

松本琢久のプロフィール

名前:松本琢久

年齢:47

住所:不明

職業:自称・電気工事業

逮捕理由:危険運転致死

松本琢久の顔画像

顔画像については現在メディアなどで公開はされていませんでした。

今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

松本琢久のSNS

爆サイト、2ch、5ch、ツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどでも特定はできず、今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

菅原誠さんについて

名前:菅原誠さん

年齢:45

住所:千葉県佐倉市

松本琢久の起こした事故の世間の反応

  • 「事故を起こしたことは間違いない。お酒も飲んでいました。ガードレールにぶつかったと思った。人だとは思わなかった」
    →それくらい認知能力、判断能力が酒に酔っててできなかったということだろう…
    飲酒運転がこれだけ問題になってるのにね。
    飲酒運転、飲酒事故は加害者も被害者も含めて人の人生を狂わせる

  • 飲酒運転したら二度と免許取れなくしたら良いのに。
    轢き逃げしたら資産差押えの上で25年以上の懲役にしたら良いのに。
    人を傷付ける行為はもっと処罰が厳しくならないものか、、、

  • 飲酒運転ってホンマに無くならんな!犯人はもう終身刑でいい。アルコールを感知したらエンジンがかからない車とか開発欲しい。

  • ヘッドライトが割れるくらいの衝撃で走り去るってすごいな

  • ガ-ドレールか人か分からない位、酔っていたのか。

  • 人だとは思わなかった…

    それ、聞き飽きました!

  • 飲酒運転なんてまだやってる奴がいるんだな。

  • 全然減らない飲酒事故、
    結局、リスクとリターンの関係で、
    運転する側の命の保証がされてるからだろう。

    飲酒運転なんて故意なんだから、
    死んで償えよ、と思う。

  • 早く終身刑を作るべき。
    なぜ日本はこんなにも犯罪者に甘いのか。

  • 飲酒運転は無くならない。
    頭がお花畑。

    もう人生終わり。
    まわりの家族の事考えなさい。

    飲酒運転の怖さ知りなさい。

まとめ

2020年9月6日に千葉市の路上でひき逃げ事故があり、後に被害者の菅原誠さんが死亡をしました。

ひき逃げをした松本琢久容疑者の上訴についてご紹介させていただきました。

最後までお読み頂き有難う御座いました