野口麻美さん殺害犯人は高橋宏征で特定?顔画像は?インスタ暴露内容がヤバい

2020年8月30日、38歳のパティシエである野口麻美さんが殺害される事件があり、犯人も後に自殺していることが判明しました。

そんな、犯人がインスタグラムなどから高橋宏征さんだと言われているようです。

そこで今回は野口麻美さんについてや高橋宏征さんなどの情報についてご紹介させていただきます。

最後までお付き合いお願いします

野口麻美さんが殺害される事件が発生

野口麻美さんが殺害される事件が発生しました。

30日午前、東京・中野区のマンションで38歳の女性が死亡しているのが見つかりました。元交際相手の男が別の場所で自殺しているのが見つかっていて、警視庁は、男が女性を殺害後、自殺した可能性があるとみて捜査しています。

午前10時ごろ、中野区のマンションの部屋で、この部屋に1人で暮らす野口麻美さん(38)が血を流して死亡しているのを訪ねてきた弟が見つけました。野口さんには刺し傷があり部屋に刃物がないことなどから、警視庁は殺害された可能性があるとみています。

また、午前7時ごろには、かつて野口さんと同じケーキ店に勤務していた元交際相手の男(34)が中野区内で死亡しているのが見つかりました。マンションから飛び降り自殺したとみられています。

男は去年8月、野口さんの顔を殴ってけがをさせたとして警視庁に書類送検されていて、それ以降、野口さんとは連絡をとっていませんでしたが、去年11月、野口さんが勤務する渋谷区内のケーキ店を訪れ、その後、つきまとい行為をやめるよう警視庁から警告を受けていました。

男は30日未明、経営するケーキ店のインスタグラムに野口さんを非難し、自殺を予告するような投稿をしていて、警視庁は、男が野口さんを殺害後、自殺した可能性があるとみて捜査しています。(30日17:03)

野口麻美さんについて

野口麻美さんの情報をまとめます。

野口麻美さんの顔画像

まずは、野口麻美さんの顔画像がこちらになります。

野口麻美さんのプロフィール

名前:野口麻美

年齢:38

住所:東京・中野区

職業:パティシエ

野口麻美さんの勤務先

野口麻美さんは、パティシエであることがわかっており

またSNSなどの情報から

野口麻美さんの勤務先は、「Equal(イコール)」ということです。

場所は幡ヶ谷・西原商店街だということで

人気のお店だったということです。

野口麻美さん殺害犯人は高橋宏征で特定なの?

野口麻美さんを殺害したあとに

マンションから飛び降り自殺をした犯人。

犯人の名前はありませんが、SNSなどから以下のような情報がありました。

ここでは、高橋宏征さんという名前があがっています。

SNSなどでは、高橋宏征さんが犯人だと言われているようです。

高橋宏征さんについて

高橋宏征さんの顔画像やプロフィール

名前:高橋宏征さん

年齢:38?

住所:不明

職業:パティシエ

インスタ暴露内容がヤバい

今回、高橋宏征さんが犯人だと言われているようですが

事件の報道では、最期の言葉を綴る犯人のインスタグラムがあがっています。

怨念のこもるような、野口麻美さんの名前をあげたうえでの投稿。

この投稿をしたのは高橋宏征さんのようです。

View this post on Instagram

閉店のお知らせ。 本日を持ちましてイロは店主の都合により閉店致します。 色々ありましたが、ここまで、応援、支えてくださった人達には何と感謝を申し上げたらいいか。 私が元交際相手野口麻美から多大なる嫌がらせを受け、後藤シェフのお店に入り込み、そこから名前を利用して様々な影響をもたらしてくれました。 吸いたくもないタバコをこれでもかと吸い続け限界でした。 僕はどうしようもない憤りから彼女を許すことができず、大好きな後藤シェフのお店へ行けなくなったことが大きいと思います。ぼくらパティシエの日常なんてとてもちっぽけで、ちょっとした楽しみを奪われたりするだけで生活が息苦しさでいっぱいでこの1年間本当に悩み、もがき、眠れない日々でした。 他の方へご迷惑をかけずに終われただけでも今はほっとしています。 恨まれるようなことをする人へしてしまった人へ、それはどこかしらに必ず自分自身から影響していきます。なので、絶対に先に謝る、誤解をとくことわお勧めします。 恨んでいる方へ、 絶対にすっきりすると思って死ねると思いましたが、振り返るとなんだかこんなことでと気持ちがなってしまいました。 許すとゆうことをうまくできるように私達は生きていかなければならないのですね。 皆さんに最後にありがとうとだけ言わせてください。人好きな自分が人に犯されて死ぬのはどうしようもないことですが、 人生に悔いはないです。その上での決断です。ありがとう。本当にありがとう。 平尾に帰りたかったなー。

A post shared by iro… (@iro_etc) on

なんとも悲しい事件となってしまいました。

野口麻美さん殺害事件の世間の反応

  • 警察は何かあるまで動かない?
    動かない ではなく 動けない。
    暴行で書類送検までやった。逮捕してもすぐ釈放。24時間監視するわけにはいかないし。
    警察というより法律に抑止力がないのでは?

  • 殺人でもそうでなくても、世の中にほんの一握りしかいない犯罪者(または異常者)の人権を守ったり更正を促すためだけに弛い法律、その犠牲になっていく普通の人達、悲しすぎる。
  • 昔からずっと同じこと繰り返してますね。

    とはいえ、殺害後に自殺を考えているような人間にできる対策って何でしょうね。

    あと女性が男性をって事件は比較的少ない印象です。男性のこの手の思考回路からメスを入れてはいかがでしょう。

  • そもそも日本は人を殺しても数年で社会復帰できちゃうのが問題。

    他人殺したら犯人も無期懲役くらいにしないと。再犯する可能性がゼロではないのに釈放する日本。

    おかしいだろ️

  • 女性に振られた程度で逆恨みして殺害するパターン多過ぎ。くだらない男。DV防止とか交際における最低限の感情教育、幼少期から学校で徹底的にやっても変わらないのかな。カリキュラムに入れてほしい。どうにかならないの。
  • 男性の犯罪が多すぎるのに、「男はそういうもの」とそのままにしてあることが問題と心理学の先生が行っています。刑法犯の8割が男性によるということ、特に殺人や強盗や強姦や暴行など被害が大きいもの、オレオレ詐欺グループなども大半だ男性だそうです。男性の暴力性をそのままにせず、本格的に対策に乗る出すことはとても大切だと男性の先生たちも言っています。暴力は男らしさではない、という風潮は大切です。
  • 20歳の頃、ストーカーが家の前にいて怖くて家に入らず引き返して交番に駆け込んだのにそのお巡りさんにナンパされた。苛立ちから文句を言ったらあんたの身体が男を誘ってると言われた。警視庁にまで苦情を言いに言ったが対応に出てきたのは70代後半から80くらいの現役とは言い難い人。そして何度も同じことを聞き返されメモしてるのにチラっと見たら白紙のまま。バカにされてると思った。その後そのストーカーに刺されて逮捕。最初っから対応してもらえたら顔に傷が残らなかったのにと恨む。こういう事件が腹立たしい。
  • 人を殺して自分は自殺するような人間はその前に必ず何らかの予兆がある。

    特に今回のような交際相手に暴力を振るうタイプが本来一番わかりやすいと思う。

    結果的にこんな事件になってしまった。もっと厳しく取り締まってほしいし、罰則も強化しないとダメだな。大多数の普通に暮らしている人間の人権が全く守られていない。

  • 記事の書き方では警察に問題があるような内容だけど、

    警察は逮捕して書類送検までしたのだから、
    その後の対応に問題があるなら検察だろう?

  • 相手を殺して自分も死ぬのって男に多い印象、

    自分の人生終わらせてでも相手に復讐したいほどの恨みの念というか執着って理解できない。
    そんなに嫌いな相手とっとと忘れて新しい人生にすすめばいいのに。

まとめ

2020年8月30日、38歳のパティシエである野口麻美さんが殺害される事件があり、犯人も後に自殺していることが判明しました。

そんな、SNSて犯人と言われる高橋宏征さんの情報などについてご紹介させていただきました。

最後までお読み頂き有難う御座いました