大竹晃史の顔画像あり!荒野行動知り合う?わいせつ目的?小4女児誘拐

横浜市で小学4年生の女児が誘拐された事件があり、犯人である大竹晃史容疑者が逮捕をされました。

オンラインゲームを通して知り合ったということですが、犯行動機は何だったのでしょうか?

大竹晃史の顔画像やSNSなども含めてご紹介したいと思います。

最後までお付き合いお願いします

大竹晃史の起こした事件の概要

大竹晃史の起こした事件の概要についてご紹介させていただきます。

横浜市で小学4年生の女の子が今月2日から行方不明となる事件があり、この女の子を連れ去ったなどとして、38歳の男が逮捕されました。2人はオンラインゲームを通じて知り合ったとみられています。

未成年者誘拐の疑いで逮捕された自称・無職の大竹晃史容疑者(38)は、横浜市に住む小学4年生の女の子を連れ去り、都内の自宅に連れ込むなどした疑いがもたれています。

女の子は今月2日の夕方、自宅近くの公園で友達と遊んだ後、行方が分からなくなっていました。周辺の監視カメラに女の子が男と一緒にいる姿が映っていたことなどから警察が捜査を進め、大竹容疑者を特定。5日午前3時ごろ、女の子を車に乗せて自宅から出ようとしたところを逮捕しました。女の子にけがはないということです。

警察の調べに対し、大竹容疑者は、「女の子とはオンラインゲームで知り合った」と供述していて、女の子は普段からスマートフォンでオンラインゲームをしていたということです。警察は、大竹容疑者が、オンラインゲームの通信機能を使って女の子を誘い出した可能性があるとみて、動機や経緯を調べています。(05日10:26)

大竹晃史の起こした事件の経緯や犯行動機

大竹晃史の起こした事件の経緯

横浜市で小学4年生の女児が誘拐された事件があり、犯人である大竹晃史容疑者が逮捕をされました。

小学生の女の子は9月2日の夕方に自宅近くの公園で友達と遊んだ後、行方が分からなくなっていたということです。

また、周辺の監視カメラに女の子が男と一緒にいる姿が映っていたことなどから逮捕に至りました。

大竹晃史の起こした事件の犯行動機

大竹晃史容疑者はどうしてこのような事件を起こしてしまったのでしょうか?

大竹晃史容疑者は

「女の子とはオンラインゲームで知り合った」と供述していたということで

女の子を誘い出した可能性があるということです。

犯行動機としては不明ですが、わいせつ目的だったとも考えられます。

また情報が入り次第更新をしたいと思います。

大竹晃史の顔画像やSNS!プロフィール

大竹晃史のプロフィール

名前:大竹晃史

年齢:38

住所:東京都葛飾区西水元3丁目

職業:自称無職

逮捕理由:未成年者誘拐の疑い

大竹晃史の顔画像

顔画像はこちら

 

大竹晃史のSNS

爆サイ、2ch、5ch、ツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどでも特定はできず、今後情報が入り次第更新をしたいと思います。

大竹晃史の起こした事件の世間の反応

  • 親の知らぬ間に、SNSでいくらでも繋がってしまう危険をどう防げば良いのか?

    言い聞かせたところで、今回のような事件は絶対無くならない。相手が色々なりすましていれば、子供に好かれるよう誘き出すのは難しくない。
    今も何処かで拉致監禁、誘拐された子達がたくさんいるでしょうね。

    とにかく今回は助かって良かった。

  • 世間の親がゲームに関して無関心過ぎる。
    オンラインゲームの知識がなさ過ぎて怖い。実際自分の子供も今の今までオンラインゲームをさせて来なかったけど、友達から仲間外れにさせられたって言ってきた。そのオンラインゲームは巷で有名なFPSのやつだけど、チャット機能とかあるから親の知らないとこで繋がる恐れがある。
    スイッチの保護者機能を全く機能させてない親御さんも多いみたいだし。。
    ゲームをやる分には問題ないけど、

  • 誘拐には重い罰則を
    知り合ったというより住所を特定して待ち伏せしたのでは
    SNSやゲームを利用して子供に近寄る犯罪が増えている
    子供の自衛だけでは犯罪は減らない
    企業の利益を優先して子供の安全が脅かされては本末転倒だ
    犯人は手当たり次第に被害者を探しているのだから、ネットでのパトロールを強化するか、不特定多数の大人との接触を遮断すら法律を作ってほしい

  • オンラインゲームで知り合った大学生と連日不適切な行為をしていた男の子がいた

    場所は県外ナンバーの車内や無人ホテル

    一歩間違えば大変なことになるのにゲームに夢中の男の子にはわからない

    それが危険

  • オンラインゲームでの繋がりはやっている子の大半は経験あるでしょうね。

    知らない人とチームを組んでプレイするのだから、チャット使わないといけない。
    ある程度年齢が上がったり、自分でスマホがあるなら音声通話出来るアプリ入れたり、LINE交換してグループ作ってやったりもする。

    親もそれをわかっているのと、全く知らないのとでも違うだろう。

    大半の人は安全に利用出来ていても、一部、下心のある人間もいたり、子供側だってお年頃になれば興味も沸いてくる。

    好奇心から繋がって連絡取るうちに会ったりしたくもなるだろう。
    いかに、日頃から親が言い聞かせるか、こんな事言ってくる人は危険人物か何度も言い聞かせないと。

    中にはゲーム内のアイテムをプレゼントして貰い、借りが出来て断れなくなったり、子供が判断するには難しい状況に陥っている場合もある。必ず管理監視確認をすべき。

  • 容疑者の男が悪いことはもちろんですが、親もゲームやスマホをただ与えるだけでなく、もっと機能や防犯について勉強するべきだ思います。
    ゲームやスマホを持つということは、楽しいことばかりではなく、気をつけなければならないことも、怖いこともたくさんあるということを教えてあげることも必要。

  • 改善策とすれば、
    親が定期的にチャット履歴を確認して
    良くないと思う人物をブラックリストなり
    お互いが連絡しなくするか
    チャットやSNS利用時の事前年齢認証の対象年齢制限しか方法ないと思う。

  • 公園で友達と遊んで帰りに誘拐されるなんて、さぞ怖かっただろう。
    2日半も行方不明で保護者も気が気では無かっただろう。
    家にもう帰れないかもしれないと思って、絶望したであろう女の子の心のケアを、どうか丁寧にしてあげてほしい。
    誘拐男は再犯できないように、2度と社会に出すべきではない。

  • そもそもオンラインゲームってなにかを生み出すのではなく、ひたすら運営会社が用意した目の前の仕掛けで遊ばされてるだけで、リセットしたら終わりの、究極の非生産的な行為なの。
    そんなもんのチャット機能に張り付いてる奴は、学生なら勉強時間、スポーツマンならトレーニング時間、社会人なら労働時間や自己研鑽の時間を浪費しているわけで、まともな人間である訳がない。
    eスポーツ選手や職業としてのトークン稼ぎとは意味が違う。

  • 家でも学校でも対策への取り組みは必要だと思いますが、
    学校では、指導内容が決まった頃には、もう過去の内容になってしまうと思うで、
    やはり、保護者が守るしかないですよね。

    犯人が悪ですが、保護できない親も、もっと勉強しないと、
    私も、頑張ります。

 

まとめ

横浜市で小学4年生の女児が誘拐された事件があり、犯人である大竹晃史容疑者が逮捕をされました。

そんな事件の情報についてご紹介させていただきました。

最後までお読み頂き有難う御座いました